日テレ 広告ガイド

テレビ広告の基礎知識からCM出稿まで

お問い合わせ

テレビCM実践編

テレビCM実践編 > テレビCMの種類 > タイムCMとは?・タイムCMの料金はどう決まるの?

タイムCMとは?

個別の番組を提供し、その番組に含まれるCM枠内で放送する広告です。
タイムCMのセールスの最小単位は30秒で、期間は2クール(6ヶ月)が基本です。

タイムCMは放送エリアと提供表示の有無で分類されます。

1.放送エリアによる分類
  1. ネットタイム ・・・ 全国(日本テレビ+日本テレビ系列各局)で同時に放送されるCM
  2. ローカルタイム ・・・ 関東ローカル(日本テレビの放送エリア)のみで放送されるCM

日本テレビでは、ネットタイムCMはネットタイム営業部が、ローカルタイムCMはデジタル・エリア営業部が、セールスを行っています。

2.提供表示“有り”“無し”による分類

提供表示の“有り”“無し”で、タイムCMには以下の2種類が存在しています。

  1. 番組提供・・・番組の前後に提供表示を行う場合
  2. PT(Participating commercial)・・・提供表示を行わない場合

ちなみに、提供表示のアナウンスコメントは、提供秒数の違いによって以下のような違いがあります。

提供秒数 コメント
30秒 ごらんのスポンサー
60秒 社名または商品名
90秒以上 かんたんなキャッチフレーズを含む社名または商品名



タイムCMの料金はどう決まるの?

タイムCMの料金は、¥=電波料+制作料+ネット費(※)が正価です。
※ローカルタイムではネット費は発生しません。

この正価は、「番組ネット・放送料金表」でも確認できます。

しかし! 実際の取引においては、
番組への評価や視聴率、その時々の広告需要 によって金額が決まります。